全自動コーヒーメーカー(6杯用) CM‐D465B

今月、ツインバード社から全自動コーヒーメーカー(6杯用) CM‐D465B が発売されました。
昨年10月に登場して大好評のコーヒーメーカー(3杯用) CM‐D457Bのサイズアップ版です。
b0398673_17115536.jpg

家族や友人たちと一緒に、また来客時など4人以上で一緒に美味しいコーヒーを楽しみたい!という場面に対応したサイズですね。

b0398673_17123161.jpg
(3杯用) CM‐D457Bと同様に、全自動、粉、グラインド、メンテナンスの4つのメニューがあります。
もちろん、抽出温度も83℃と90℃から選べます。
1~6杯抽出時の最適な蒸らし切り替えつまみも備わっています。

b0398673_17122768.jpg
実際に使ってみると、6杯の抽出でも1杯の抽出でもバランスよく抽出することができました。

コーヒー豆を挽くグラインダーは「粗挽き・中挽き・細挽き」の3段階で調整できます。


工夫されているのは、ドリッパーが1~3人用と4~6人用の2つ用意されていて、スタッキングして使うところ。大きいドリッパーで1人用を入れるのには無理があるので、よく考えられてます。

b0398673_17210728.jpg
また、ミルの刃も(3杯用) CM‐D457Bは4枚刃と4枚刃の組み合わせですが、6杯用を挽くにはより時間と負荷がかかるので片方を5枚刃にすることで噛み合わせのタイミングをずらしてモーターに負荷がかかりにくくされているそうです。

b0398673_17210624.jpg
b0398673_17121360.jpg
1杯分など少量抽出する場合、6杯用の大きなサーバーでは冷めやすくなるので、スタートスイッチを入れたと同時にサーバー下の保温プレートのスイッチも入るそうです。


当店では、取扱い説明書に記載してある分量とは別に、独自に1~6杯の抽出に最適な豆の量、挽きの粗さ、水の分量を検証し、できるだけ単純明快に使いやすいようにアドバイスさせていただいております。簡単な説明書もお付けします。
使い慣れたころにはご自身でお好みの味をさがしながら設定する楽しみもあります。

私の師匠でもある東京南千住のカフェバッハ 田口護氏監修のコーヒーメーカーです。
興味のある方は当店で試飲もしていただけますので是非お声がけください!

・全自動コーヒーメーカー(6杯用) CM‐D465B  44,000円(税込)
・全自動コーヒーメーカー(3杯用) CM‐D457B  38,500円(税込)
お買い上げいただいたお客様にはコーヒー豆をプレゼントしています!
 
店主






by coffeeippo | 2019-11-22 00:04 | Comments(0)

今日も一歩 明日も一歩 精進です


by coffeeippo